ランディングページの書き方で重要なのはベネフィットです

ランディングページの構成は、最初にお客さんの関心事を指摘します。関心事とはお客さんが抱える悩みや課題です。次は共感部で、こんなに多くの人が関心を持つのか、お客さんを代弁します。それから商品になり、購入してほしい商品の写真を使ったりしてイメージしやすく浸かります。そして最もポイントになるベネフィットです。お客さんが商品から得られるメリットの事をいいます。購入したお客さんの声や商品の実証データーなどを利用します。そして競合店の商品とどこが違うのか優れているのは差別化によって商品の独自性や競合優位ポイントを説明します。そしてアクションで商品の購入なら申込フォームとボタンです。

ランディングページの構成はこのような流れで展開します。書き方としてはキャッチコピーは検索ユーザーが正しいページに来たことを知らせます。ランディングページを読みたいと思わせることが重要になります。キャッチコピーの良し悪しは成約率に影響してきます。そして共感部は商品を紹介する前に共感部が先に来るのは、単に情報を伝えるだけでなく、商品の購入や資料の請求と言う、行動を求めることに関係しています。商品のすばらしさを効率よく伝えていくためにこのような準備ステップが必要になります。そして商品の紹介にですがその外観をイメージできるように伝えます。

そして重要なベネフィットです。ランディングページの中で最も重要なパートになります。ランディングページの成約率はこのベネフィットで決まります。なぜならばお客さんは商品から得られるメリットを目的に商品を購入するからです。成約率の低いランディングページはこのベネフィットが弱いことが原因になっています。ベネフィットは最低でも5個できれば7個必要です。その内容も箇条書きで一行で済ませるのでなく見出し付きで解説で内容を分かり安く説明します。ベネフィットの多様性は、商品の使用、併用、メンテナンス、廃棄に至るまで、お客さんの使用している状況を思い浮かべて、きめ細かくベネフィットを拾い上げてください。そして書き方が重要になります。ライディングページの目的はお客さんに行動させる点にあります。人が行動するには決して軽くありません行動のエンジンであるベネフィットは様々な方法で伝えることが重要です。お客さんの声だけでなく、商品の実証データー、購入実績、マスコミの掲載、開発者の苦労話、あらゆる点から信用できると感じてもらえるように伝えていきます。実績ナンバーワンのLP制作を目指すにはこのような流れになります.