お問い合わせにつながるランディングページとは

サイトへの集客を行った後は、具体的なアクションにつなげることが必要です。これはランディングページでお問い合わせをしてもらうといった行動を促すことになります。けれどもランディングページだけに注力しても、思うような結果は得られません。というのも、このランディングページでは極力情報の提供を少なくして、商品やサービスを利用することの利点を挙げているからです。つまり、このページへ移動した時点でユーザーに疑問点が残っていては、お問い合わせなどといった行動にはつながらないことになります。そのためには、サイト全体の構築も含めたデザインをすることが必要です。そのために、ランディングページの制作会社ではデザイナーを募集しているわけです。

サイトを構築するデザイナーには実に様々なスキルが求められます。まずユーザーの集客のために、マーケティングスキルが必要になります。サイトを利用する人はどのようなターゲット層が想定されるのか、どんな情報を求めているのかを分析により導き出すわけです。ターゲットを限定すれば、どんなコンテンツを作り出せば良いのかが分かります。さらに必要なキーワードを選定することで、SEO対策にも役立てることができます。ここで売り上げにつながるようなユーザーを多く集客できるので、ランディングページへ誘導すれば高い確率でお問い合わせなどにつなげることができます。また検索結果からアクセスしたユーザーがどのような流れでランディングページへと流れるかを想定することで、コンテンツページの構築も行えるようになります。

まず求められる情報を提供することで、サイトの存在感をアピールすることができます。いかに役立つサイトであるかを認識することで、長く滞在してもらえるようになります。その後でサイト内で提供している商品やサービスについての説明を行い、そのメリットとデメリットを理解してもらうようにします。必ずデメリットも理解してもらった上で、利用することの利点をアピールすることになります。その上でランディングページへ誘導すれば、かなり興味を持ってもらった状態でお問い合わせに誘導することができます。サイトのデザイナーであれば、そのような構築を行った上で魅力あるものにすることができます。ランディングページを制作する際には、このような技術と実績を持ったデザイナーを募集することによって様々なクライアントのサイト構築を行えるようになるわけです。