ランディングページは格安で外注することもできる

ホームページやブログで商品を販売するときには、ランディングページが必要になります。ランディングページでは、商品を分かりやすく説明するためのセールスコピーや、商品の魅力を一言で伝えるキャッチコピーが書かれています。また、文章だけではなく、画像やデザイン、商品の購入ページへの誘導など、様々なものが含まれています。ブログやホームページだけでも、安くて分かりやすい日用品などなら、商品を販売することは難しくありません。しかし、健康食品、情報教材、サプリメントなど、消費者にとって分かりにくいものを売る時には、ランディングページの設置が必須になります。

効果的なランディングページを自力で書くためには、数多くの技術や知識を持っていることが大切です。セールスコピーを書くためには、売るための文章を書く能力である、コピーライティングの技術が必要です。コピーライティングを学ぶと、顧客がセールスコピーを全部読み、スムーズに商品を購入するように、顧客の興味を湧かせる文章を書けるようになります。また、セールスコピーを書くときは、顧客心理の理解も必要になるので、心理学、行動経済学、社会心理学などを学ぶことも、とても大切です。ランディングページを書けるようになるには、商品に最適な、キャッチコピーを作ることも必要です。キャッチコピーを作れるようになるためには、様々なヒット商品のキャッチコピーを見比べ、アイディアが思う就くようにすることが効果的です。また、ランディングページを自力で作れるようになるためには、文章術だけではなく、デザインやマーケティングの技術も必要になります。文章を書けてとしても、デザインやマーケティングができなければ、適切なものは作れません。

自力でランディングページを作成するには、大きな労力と時間が必要です。そのため、格安の外注業者に、作成を依頼することも、効果的な方法です。料金が高いところなら、ランディングページ制作を依頼するためには、50万円以上を支払うことも珍しくはありません。しかし、最近では格安の外注先もあり、10万以下で作成を請け負うところも多いです。また、料金が高い外注先に依頼する場合でも、あらかじめ企画を絞り込み、画像や文章の原案を提出することで、価格を抑えることができます。また、格安の外注先では、テンプレートが使用されることが多いので、バリエーションが少なくなってしまいます。そのため、事前に構成案やデザイン案を作り、それを外注先と共有しておくことで、自分の意向に沿った作品に、仕上がりやすくなります。