面白いランディングページはコンバージョン率を上げる

ランディングページを企業の顔として制作するならば、面白さがあり、セグメントが思わず他の人に紹介したくなるようなLPは実に効果的です。例えば、スポーツのイベント紹介のランディングページは、ファンにとってはたまらなく面白いものです。イベントそのものを紹介したり、イベントグッズが購入できるようなランディングページは、ファンにとってはとても魅力的です。同じファン同士で体験を共有することもできますし、話題になればスポンサーの話にまで話が及びます。こういったLPは大成功のLPと言えます。特にこういうイベントのLPの場合には動画を埋め込むと臨場感が増して効果的な訴求力があり、コンバージョン率を上げます。

成功する面白いLPと言えば、ランディングページのテンプレートの中にイラスト、漫画を取り入れてしまうといった工夫も有効です。漫画は視覚に訴えかけ、思わずセグメントが読んでしまいます。一つの漫画を読み終えるまでLPに滞在するということは確実にコンバージョン率をアップさせます。漫画ランディングページが持っている魅力は、難しい商品をわかりやすく紹介して、簡単なイメージに変換し、具体性をセグメントが持ちやすいということです。もちろん、商品に応じて漫画のタッチやイメージを変化させ、商品を効果的にアピールすることが大切です。この商品、このサービスを導入することによってどんなメリットが発生するのだろうかいうシンプルなベネフィットを知りたいという欲求に対して、
興味を持たれます。

漫画だけではなく、写真で訴えかける方法も有効です。多くのLPが文字やイラストが中心で、写真は商品の付け足しになってしまっているのが現状です。そうであれば、写真が前面に出てくるLPはセグメントに面白さを感じさせます。面白さを強調するのであれば、LPのデザインも重要になります。いくら面白さを強調したくても、LPのデザインがあまり統一感がなく、見た目が悪ければコンバージョン率はダウンしてしまいます。面白いLPこそシンプルであることが要求されます。

それから、キャッチコピーの面白さはコンバージョンの上昇に直結します。このコピーは何だろうか、何を意味するのだろうかという新鮮な驚きはLPをスクロールさせて新しいコンテンツを見たいという訴求が生まれます。

面白いLPは、既存のイメージを変化させることによってコンバージョン率を上げ、興味を持たせることができます。様々な工夫が面白さを感じさせるLP作成の上で有効です