見やすさで考えるランディングページの大きさ

ランディングページはできるだけ大きく、縦に情報を詰めるのが基本です。
情報が人を引き寄せる以上、ランディングページは画面を大きく、情報量を多く見せる必要があります。
例えば、余白の多いランディングページは寂しく見えますし、情報量が乏しくなって宣伝効果が落ちかねません。
しかし、縦の大きさに特徴を持たせ、横いっぱいに情報を詰めたランディングページなら、情報量と密度の充実感を表現することができます。
横スクロールは、人間の目の動きにはあまり合わないので、横長のページは好まれない傾向です。
一方、縦方向はスクロールしやすく、情報を目で追いやすい特徴がありますから、読みやすいページを設計すると必然的に縦長になります。

Webデザインにおいて、ランディングページはパソコンを使って設計開発をしますが、最初からスマートフォンを念頭に置くことが大切です。
パソコンは横長の画面が標準的ですが、ユーザーが増えているスマートフォンについては、縦持ちの縦長表示が標準となっています。
パソコンに合わせて設計したランディングページは、スマートフォンで表示するととても読みにくく、快適な閲覧とは程遠いものです。
デザイン環境はパソコンでも構いませんが、コンテンツのバランスや表示のチェックを行う際には、常にスマートフォンを標準のチェック環境にすることが肝心です。
できれば画面の大きい物と小さい端末を用意して、異なる環境でも快適に表示されるか確認するのが理想的です。
また、ユーザーが任意に文字の大きさを変更しても、コンテンツが重なったり非表示にならないか、これも一緒にチェックすることをおすすめします。

スマホ版のランディングページデザインは、大きさが重要なポイントで、見やすさが集客力に影響します。
画面に合ったコンテンツの大きさは、ランディングページの設計で特に重要性が高い部分です。
不必要で不自然な余白は論外ですが、表示環境によって画面をはみ出す設計も、ランディングページにおいてはご法度です。
スマートフォンでも表示が自然で、むしろパソコンよりスマートフォンの方が快適に見られる、そんな評価を得るページの設計が求められます。
更に、フリック操作で誤タップが発生しにくい、そういった操作の快適性も忘れられないポイントです。
視認性の向上は、画面の大きさが小さい端末における課題ですが、これを改善できれば集客力のアップに繋がりやすくなります。
大きさというキーワードを念頭に設計する、これがスマートフォン時代の開発の要点で、無視するリスクと重視する重要性に気が付くことが必要です。