ランディングページのデザインはお手本を参考にすると良い

最近はWebマーケティング戦略として、ランディングページを重要視する人が多くなりました。今まではネットでの売り上げが全然悪かったのに、ランディングページを改善しただけで売り上げが急に伸びたという企業も多いです。なぜランディングページが重要かというと、検索エンジン結果で表示されるリスティング広告やリンクなどをクリックすると、自動的にランディングページにたどり着くからです。
ランディングページを作る理由は、広告からクリックしてくるユーザーを制限し、ユーザーを特定しやすいのが最大の理由でしょう。特定のユーザーが求める情報を1ページに集約できますが、リンク先も少ないのでその場所でユーザーをとどめておくことができ、売り上げにつながるというわけです。

ランディングページでユーザーが持つニーズにしっかり応えるためには、ユーザーの目的に応じて変える必要があります。たとえば商品を売るのが目的ならば、商品の写真や商品の細かい情報を多く入れるといいでしょう。無料の会員を増やしたいなら、情報量を少なくして記事も短めにすることが大事です。他にも資料請求を増やしたいなら簡単な説明で興味をもってもらい資料請求をしてもらうようにするといいでしょう。このように目的の違いによってページの内容を変えるといいでしょう。

ランディングページの制作におけるデザインもとても重要なポイントです。デザインがお洒落だったりカッコ良かったりすると、そのページに引き留めやすくなります。自分ではお洒落なデザインやかっこいいデザインがまったく思いつかないという人は、ランティングページを製作する会社のホームページに掲載されているデザインをお手本にするといいでしょう。いろんなデザインがあるので自分にあったページのデザインのお手本とすることができます。
どうしても思うようなデザインが作れないという人は、ランディングページの製作会社に依頼するといいでしょう。気になるのは費用ですが、10万円~60万円までとサービスやデザインの品質によっても大きく変わってきます。自分で作れば無料でおこなえますが、なかなか効果のでるランディングページを作るのは難しいです。
専門家に任せた方が費用はかかりますが、確実に売り上げも増えるので長い目で見るとお得といえるでしょう。ただし成果がでるまでには時間がかかるので、長期間にわたってサポートしてくれる会社に依頼することが大事です。