ランディングページはカラフルなデザインが多い

目を引くランディングページとホームページの共通点を述べます。ランディングページは、そもそもとして、見てくれた人を直接の購入や問い合わせにつなげるために活用されます。そのため。見た目はカラフルで、大きな文字や写真などが多用される傾向にあります。ランディングページが広告をリンク元とする場合、ある程度は知識がある人をターゲットにしています。そのため、カラフルなデザインや写真などで、最後のアピールをして、直接の成果につなげようと考えているわけです。これまで商品やサービスを利用したことがなかった人や興味がない人に対して訴えかけるものもありますが、そういった場合でも、目を引いてもらえるように、こういったデザインにすることが多いですから、これはランディングページの共通点ということができるでしょう。

もちろん、ランディングページは、それだけで売れるというものでもありません。メリハリがついていなければ、見ている方もうさん臭さを感じてしまいます。アピールポイントはしっかりとアピールをして、欲しいと思わせなくてはなりません。消費者も、購入するとなるとお金を支出するわけですから、しっかりとした説明もないと購入しようとは思いません。また、類似品もあるでしょうから、それとはどこが違うのかという差別化も図らなくてはなりません。他と変わりがなくては別にそれではなくても良いと思われてしまうからです。これは、きっちりと行っておく必要があります。

ランディングページは、単にカラフルで目立つだけではなく、サイトの構成自体にもテクニックがあります。まずは、ページを一つに絞り込み、リンクを貼ることはしないということです。リンクを貼ってしまうと、クリックしてもらえなかった場合にその人たちを取り逃がしてしまいます。クリックをしなくても良いなら、最初のつかみをうまくいかせると、続けてみてもらうことができます。したがって、ランディングページは1枚の縦に長い形になっている傾向にあります。これなら、自分のペースで読み進むこともできます。そして、流れも意識する必要があります。メリハリが重要なわけですから、きちんと商品の購入につなげるために、段階を踏んでアピールしていくことになります。

最初は、つかみが重要なので、結果を示すことが多いです。つまり、これを買えばこういった変化が起こるといった形で結論を示します。結論から示しておけば、その結果に魅力を感じてもらえた人は引き続き読み進めてくれます。これは、つかみを成功させるために良く取り入れられます。また、結論を先に示さずに、ターゲットが持ちがちな悩みなどを示して、それを解決するならこれ、といった形で展開していくパターンもあります。単にカラフルで目立てば、確かに目を一瞬でも引いてもらうことができますが、それだけでは興味を簡単に持ってもらうことは難しいのが現実です。そこで、こういった構成上の工夫も随時取り入れて、ランディングページは作られていきます。

実際に運用されているランディングページを閲覧してみれば、どういった工夫を取り入れているのかを知ることができます。文字だけでこういった特徴だといわれても、見たことがない人は理解をするのが難しいです。その点、実際に見れば、視覚で直感的に理解ができますので、ランディングページの工夫点やノウハウなどを理解可能です。便利なことに、ホームページの中には、リンク集を作ってまとめて公開しているサイトがあります。それを活用すれば、多種多様なランディングページを見ることができますし、見比べることで相対化されますから、共通点とそうではないことが見えてきます。なおかつ、業種や商品などのジャンルごとの違いもわかってきますので、参考にすることができます。

ランディングページは、このように実際に見ることで勉強することができますが、いきなり売れるサイトを作りたい、ということであれば、ノウハウがないと厳しいです。長い目でデータを蓄積していかないと、売れるサイトつくりを理解することはできないです。そのため、もし現状ノウハウを持っておらず、ランディングページを運用して商品を売りたい、すぐに結果を出したい、というならば、制作代行会社に作成をしてもらったり、運用してもらったりすることがおすすめです。こういった会社は、多くの企業に活用されているので、ノウハウもデータも持っているため、要望通りの売れるサイトを構築してもらうことができます。費用も、大企業が利用する場合とは異なり、個人や中小企業レベルでのサイトならば、20万円以下で作ってもらえることも多いです。実際の費用は見積もりを出してもらえばわかりますから、まずは相談して見積もりを出してもらうことをおすすめします。見積もりに関しては、無料で出してもらうことができるため、別段費用がとられることはありません。